準備はOK?

フロントエンド戦国時代・到来。

複雑化するコーディング。日々現れる新しい技術。学習コストが高いCMS。
Spuitコーディングは進歩を怠らず、どのようなご要望にもお応えできるよう務めています。
コーダー・フロントエンドエンジニアが足りない制作会社様、コーダーをお捜しのフリーランスWebデザイナーのかた、etc…
ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

料金表を見る

Adobe XDでデザイン入稿すると10%オフになる「XD割」実施中!1ページ7,000円からのコーディング代行

WordPressサイト構築には自信があります

SpuitコーディングはWordPress構築に並々ならぬこだわりがあります。

「既存のHTMLコードにWordPressを乗っけてみた」ような雑な仕事はしません。
公式テーマディレクトリへのテーマ掲載や大規模なサイトを含む多数の制作実績で培った知見をもとに、WordPressの流儀に則った方法でコーディングします。

カスタムフィールドやカスタム投稿タイプ、いくつもの権限が必要な大規模サイト構築もお任せください。

サービス詳細

ここがおすすめ! 便利ポイント

チャットサービスを利用した迅速な応対

Spuitコーディングでは、ご契約後は基本的にメールを使いません。
Slackやチャットワークといったコミュニケーションツールを利用して素早くレスポンスいたします。
これにより、緻密な仕様の打ち合わせや細やかな修正も迅速に行うことができ、
外注のリスクを大きく減らすことが可能です。

「PCのデザインしか無いけどレスポンシブで」「SCSS、Pug、Gulpのコードも納品してほしい」「予定が急遽変更になったんですが・・・」などのお声にも柔軟に対応いたします。

柔軟対応に自信アリ

Webサイトの仕様は千差万別。求める技術は様々ですし、突然の仕様変更もつきものです。

Spuitコーディングではできる限りの柔軟な対応を心がけています。例えば、
HTMLコーディング代行でSCSSやPug等の納品やPHPテンプレートの利用、
動画素材のYouTubeへのアップロード作業、PCのデザインデータのみ
で「よしなに」レスポンシブ対応を行うなどなど...。

その他のポイント

  • テスト環境無料でご用意
  • git使えます
  • アップロード作業もやります
  • 正しいコーディング
  • 1ページからOK
  • 特急対応も可能

レスポンシブ前提の明朗会計

Spuitコーディング

レスポンシブデザイン
1ページ

7,000円

他社

PC幅コーディング: 4,000円
タブレット幅: 4,000円
スマホ幅: 4,000円

12,000円

コーディング代行のWebサイトを見て「安い!」と思っても、よく見ると非レスポンシブでの料金で、スマホ対応を考えると意外と費用がかさむといったことがよくあります。

Spuitコーディングは時代の流れに則り「レスポンシブが基本」という考え方なので、レスポンシブデザイン時の料金を最初に掲載しています。

また、ブレイクポイントごとの料金設定ではないのでPC・タブレット・スマホ全対応で1ページ7,000円という低価格を実現しています。

料金表を見る

こだわりのコーディング。最新技術も対応

Spuitコーディングの中の人はWebを愛し、日々新しい技術やフレームワークの情報を収集・実践しています。

構造化マークアップやAMP対応、モバイルファーストインデックス(MFI)時代のSEO対策など、これからの時代のサイト制作に不可欠な技術を習得しているので、お任せください!

お問い合わせ

HTML/CSS/JavaScriptコーディング

高品質・低価格なHTML/CSS/JavaScriptコーディング代行を提供しています。W3C/WHATWG仕様準拠でセマンティックなマークアップを徹底し、複雑なご要望にもお応えできるよう努めています。

WordPress構築・開発

WordPress.orgの公式ディレクトリテーマ制作や多数のコーポレートサイト構築経験を活かし、WordPressの流儀に則った「正しいコーディング」を行います。

各種CMS構築・開発

Drupalやconcrete5、a-blog CMS等のCMS構築・開発を承っております。Laravel等のPHPフレームワークを利用した独自アプリケーション開発もお問い合わせください。

既存サイト修正

運用中のサイトの修正、大規模なものでもOK! デザインなしでのレスポンシブ化も承っております。

フロントエンド開発

Vue.js、Reactなどのフレームワークを利用したWebアプリケーション開発を承っております。